今から夏までに痩せるためのダイエット努力日記

ジョギング+こんにゃくダイエットが一番オススメのダイエット方法かも

現在43才男性です。10年ほど前に実践した私のダイエット方法を紹介いたします。

 

おかげで現在もリバウンドは全くなく、うそのような話ですが何時に何をどれだけ食べて飲んでも体重は増えません。現在ダイエット後の体重54kgをキープしています。元々食が細く痩せ気味だった私は、20才になった頃も身長168cm体重55kg程度と痩せ気味でしてた。ところが社会人になり営業回りの途中などで空腹になればコンビニで好きなものを間食するという習慣がつき、また飲みに行く機会が増えたことで、30才になる頃には+15kgの70kgになっていました。過去の痩せていた私しか知らない周囲の人達は、肉がたくさんついた私の背中を見て「太ったなー」といって笑うようになりました。しかしその頃はダイエットをしたいとは思う事はありませんでした。

 

ところが30才を過ぎた頃、父親となり何かに挑戦しようと思い、スキーの草大会への出場を思い立ちました。大会のため体力増強目的でジョギングをしようと思ったのがダイエットのきっかけでした。当初トレーニング目的のジョギングでしたが、どうせやるなら体脂肪も減らしたいという欲が出、体重が減ることに達成感を覚えるようになりました。そこで取り入れたのがこんにゃくダイエットです。空腹に耐えるのは嫌なため、満腹食べても摂取カロリーを低くおさえられそうな食材としてこんにゃくを選びました。仕事がある日はごはんを茶碗に1杯と大量のこんにゃくをひたすら食べ、週末は好きなものを制限なく食べるというローテーションで、ストレスを溜めすぎないよう注意しました。

 

またジョギングも、結果的に2年以上続けましたが、気をつけたのは無理をしないことです。元来飽き性な私は何をやっても長続きせず、特にジョギングのような面倒な事は絶対に長続きしないことが自分自身でよくわかっていました。そこでまず、とにかくジョギングに出かけることを億劫に思わない工夫、続ける工夫として、目標を決めずに走りたいと思う距離だけ走り、嫌になったら引き返すというスタンスで取り組みました。

 

また日中は時間が取れないこと、また人目に触れるのが恥ずかしいという理由から帰宅後の夜に走ることにしていました。結果的に走ることが快感になり飽き性の私でも2年以上も続けることができ、痩せていた体重も10代の頃並になりました。また運動をしながらのダイエットのおかげか、それ以降全くリバウンドはなく、正月休みなどで暴飲暴食した時などに若干体重が増えたような気がしますが、その後何もしなくとも体重を計ると54kgに戻るようになりました。

 

やはり、運動により基礎代謝が上がった事がよかったのかなと思っています。

 

合わせて今メタボ界で大注目されているラクトフェリンという成分を摂ると内臓脂肪の分解に効果がありより早く痩せれるようです。
ラクトフェリンで中性脂肪を中和しダイエットの記事はこれからラクトフェリンダイエットを始めようかなーと考えている人には参考になると思います。
一度読んでみるとラクトフェリンの成分の素晴らしさに気づけますよ♪

更新履歴